ながせをながす

岡村 周治

岡村 周治

マウンテンバイク(MTB)を軸にいろんなことをしています。
トライアルという競技の出身です。
MTBやトライアルのテクニックを使ったパフォーマンスをします。
テクニックスクールを開催しています。
時々、スタントなどもしています。
自転車イベントの企画・運営の経験も豊富です。
イベント進行MCなどもします。
要するに、自転車を軸にした何でも屋みたいなものです。
あと、面白そうだなと思ったことはいろいろしています。
よろしくお願いします。

http://route-okp.com/

散歩好きな自転車乗りです。

最近、多治見の駅南、ながせ商店街をよくフラフラ歩いています。
先日の『たじみ街ダンス』で一緒に参加した方がたくさんいて、ちょこちょこ顔を合わせては挨拶できるのが楽しみの一つ。

小学生の頃、意味もなくブラブラしにきた商店街。
目が勝手に子供の頃から変わらない風景を拾います。
昔よりもシャッターの数が増えたけど、昔からのお店に加え新しいお店も次々オープンしています。

地元が盛り上がるというのが、どういう事かはよくわからない。
誰にとって良い事で、誰にとってうれしい事なのか。
どんなふうになれば盛り上がった事になるのか。

「みんながフラッと散歩に寄ってくれる感じになればいいね」
というある商店街の方の言葉。
その目論見通りに散歩に来てしまっている僕は、それがいいなと思うのでした。

ということで、特にお店紹介しません。
自分で探索し発見するのが散歩の楽しみですからねぇ。

▼記事が気に入ったら是非「いいね!」をよろしくお願いします。

3 Comments

  1. soneKen

    この画像の風景は僕にとっても思い出深いなぁ。
    小さな頃から祖父に連れられて毎日歩いた散歩コース。昭和橋から夕陽を眺め、ながせ商店街ではながせショッピ?アオヤマなどに立寄り、多治見橋を渡り銀座商店街を抜けて広小路通りへ。新羅神社でブランコに乗ったりして。この画像の中の理容室外壁のガラスモザイクは亡き母の制作でした。

    • 岡村 周治

      >soneken さん
      このモザイク、お母様の作品だったんですね。驚きました。
      いろいろと写真を撮った中で、僕のながせの思い出の代表はこのモザイクでした。
      大きく記憶に残るお仕事、素晴らしいと思います。

      てっきりタイルだと思っていましたが、ガラスなのですね。失礼しました。訂正します。

      僕も子供の頃、同じように銀座〜ながせを歩き、新羅神社のブランコに乗り、松の木に登っていましたよ。
      ひょっとしてお会いしていたら面白いですね。

  2. sottaku キモト

    そうかなと思ったけれどやはり!

    またオモシロイ繋がりですね〜

    多治見っ子じゃないからそういうのうらやましい〜!

コメントを残す